スポンサード リンク

スポンサード リンク

にがい青汁三昧のケールのすごい秘密!

ケールは青汁三昧に含まれる三大原料の一つともなっており、
さまざまな青汁製品に用いられている基本野菜となっています。

和名ではハゴロモカンランと呼ばれているアブラナ科の野菜で、キャベツの原種ともいわれています。
青汁三昧の原料であるケールは、江戸時代に地中海地方から初めて日本にやってきたもので、
明治時代にいくつかの品種が導入されました。

ケールは日頃の食生活の中ではなじみのない野菜ですが、普通の調理法ではあまりおいしくない野菜です。
このためか、八百屋やスーパーマーケットでは取り扱っていないのが普通です。

しかしながら、青汁三昧のに使われているケールは、ビタミンAとビタミンCをたくさん含有します。
それだけでなく、ビタミンの含有が多い緑黄色野菜に分類されます。

青汁三昧を飲むことによって、通常不足しがちな栄養素を摂取することができます。
また、抵抗力をつけ免疫を高めるためにも有効であると言えます。

青汁三昧のケールは、中国の雲南省にある昆明(クンミン)の広々とした畑で栽培されたものです。
ケールを育てている雲南省の畑は、天然の湧き水やミネラル豊富な土壌に恵まれているため、
青汁三昧に使われているケールは美味しいものです。

有機肥料を用いて育て、雑草の除去や害虫の駆除さえ人の手で丁寧に行われたケールが、
青汁三昧の原料として使われています。

スポンサード リンク

苦い青汁三昧の大麦若葉

青汁三昧には、大麦若葉が三大原料として含まれています。
これは大麦の若葉の部分で、20〜30センチまで育った大麦から刈り取られ、青汁三昧に加工されます。

大麦若葉は青汁の原料ですが、これを使うと青汁が美味しくまた飲みやすくなることで知られています。
大麦若葉を材料にすることで、青汁三昧は飲みやすい製品になっています。

大麦若葉はまさに成長しているさなかに収穫されるため、
他の緑黄色野菜とよりもビタミンやミネラルなどが豊富で、栄養バランスのよいものになっています。

大麦若葉のビタミンCはホウレン草の約33倍、
カロチンはホウレン草の約7倍といいますから、かなりのものでしょう。

それだけでなく、ポリフェノールや食物繊維といった成分も、大麦若葉には豊富に入っています。
大麦若葉は青汁三昧に最適な野菜であると言えるでしょう。

大麦若葉には抗酸化酵素が含まれており、活性酸素の働きを抑える作用があります。
現代人の体の中では、大気汚染やストレスに晒され続けることで多くの活性酸素が生み出されているため、
青汁三昧はそれを抑えるのにも有効です。

青汁三昧が使用している大麦若葉は、中国の甘粛省蘭州で栽培されているものです。
緑肥や堆肥についても、無農薬栽培で育てられた自然の植物を使っています。

苦い青汁三昧ゴーヤーのにがいワケ

ゴーヤーは、青汁三昧に含まれている三大原料の一つです。
ゴーヤーは、最近ではスーパーなどの店頭でもよく見かけるようになりましたが、もともとは沖縄の野菜です。

青汁三昧に用いられているゴーヤーは、苦瓜とも呼ばれるほど苦い味をしています。
昔から、沖縄ではゴーヤーの苦み成分は血液をきれいにし、血圧を安定させる効果を持っていると言われていました。

ビタミンCやカリウムといった成分をたくさん含んでいるため、青汁三昧にふさわしい健康野菜であると言えます。
ゴーヤーの果皮にはモモルデシンとチャランチンと呼ばれる成分が入っており、それが苦みを感じさせます。

血糖値やコレステロールが下がるという効果が、ゴーヤーの成分にあることが確認されています。
青汁三昧の材料の1つであるゴーヤーは、
その果実や種子の中に、体の中でガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞の活性化に役立つ成分を持っています。

このため、ガンの進行を押しとどめる効果を期待されています。
青汁三昧で使用しているゴーヤーは中国の安徽省合肥やその他の各地で栽培されています。

中国各地でネットワークを結ぶことで、
本来夏野菜であるゴーヤーを異なった季節においても入手できるように栽培が行われています。
そうすることで、年間を通して常に品質のよいゴーヤーを入手し、青汁三昧が作れるように工夫されているのです。

Copyright © 2008 青汁三昧-緑色の効能
7つの習慣 無料 ホームページ レンタルサーバー 無料君